プロフィール

漢方薬局嬉氣 KIKI

Author:漢方薬局嬉氣 KIKI
宝塚市の漢方薬局嬉氣 KIKIのブログです。
阪急今津線宝塚南口から徒歩7分
手塚治虫記念館ななめ向かいにあります。
☆食べ物を扱うネットショプKIKI&PASSY「げんきはきれい」オープン!
KIKI&PASSY
「げんきはきれい」をコンセプトとした、女性が健康に美しくなるための漢方薬の薬局です。
ご予約優先で対応致します。
じっくりと漢方相談を行い、お体にあった漢方薬をお選びします。
漢方薬だけではなく 食養生についてもじっくりご説明させていただきます。

定休日 水&木
営業時間12時〜19時

漢方薬局嬉氣KIKI 所在地 
〒665-0844
宝塚市武庫川町3-11
阪急宝塚南口駅より徒歩7分
手塚記念治虫館ななめ向かい
Tel0797-87-1102
fax0797-87-1102
e-mail info@kanpo-kiki.jp

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

--/--/--


インフルエンザ流行目前

国立感染症研究所は17日、全国の約5000医療機関を対象にした
インフルエンザの定点調査で、最新の1週間(6~12日)の新規患者数が
1医療機関当たり0・93人だったと発表した。

 10月中旬以降、8週連続の増加で、流行入りの目安とされる
1人に近づいていることから、感染研はワクチン接種や
感染予防策の徹底を呼びかけている。

 都道府県別では佐賀が4・87人で最も多く、北海道4・48人、
長崎3・74人、埼玉1・93人、大分1・91人、沖縄1・45人と続いた。

 今シーズンは季節性のA香港型ウイルスの検出が多く、6~7割を占めている。

(読売新聞)

急激に寒くなってインフルエンザだけでなく
風邪も心配ですね。

今日は温かくしておやすみください♪

スポンサーサイト

日記 | trackback(0) | comment(0) |

2010/12/17


白いバラ♪

moblog_3c860b2b.jpg
本日、最後のお客様より、
大きなバラの花束を頂きました♪

KIKIの雰囲気が一気に明るくなりました。
ありがとうございます。

贅沢な数のバラを花瓶にいけていると・・・
とっても元気になりました♪
お花の力、自然の力って凄いです!!!

心の美しいものを、
見、聞き、嗅ぎ、接触し(着たり、身につけたり、飾ったり)
話し合い、味わう。
心麗しく、心たくましく、心愚かしく
(渡邊武先生 仁医麻鳥の漢方問答より)

渡邊先生が若さの秘訣についてお話された文章です。
とても大好きなのでなんども載せてしまいます。

食べ物については、五味調和の実践。
胡麻蜂蜜はと麦を毎日欠かさず食べることでした。

KIKIの定番「胡麻蜂蜜&三養茶」も疲れているときに食べると
すぐに、ぐっと力が出てきます。
毎日欠かさず頂きます。

明日は京都で勉強会です。
KIKIはおやすみを頂きます。

今日も最後まで読んでくださってありがとうございました。

日記 | trackback(0) | comment(0) |

2010/12/11


花粉症

日本気象協会は8日、来春のスギ・ヒノキ花粉の飛散開始時期について、
関東甲信地方では例年よりやや早い2月上旬頃になると発表した。


 飛散量については関東甲信や中国地方などで今春の2~10倍、
近畿や東海地方の一部で10倍以上などと予測しており、
「早めの花粉対策を」と呼び掛けている。

 同協会によると、1、2月に暖かい日が続くとの季節予報が出ている関東甲信、
東北地方南部では、10~20日ほど飛散時期が早くなる見通し。
ただ全国的には、ほぼ例年並みの2月上旬~3月上旬に飛散が始まる。

同協会は10~11月、全国で花芽の成育状態を調査。
その結果、猛暑の影響でよく育っていることが確認されたため、
「来春の花粉飛散量が多くなることはほぼ確実」としている。

(2010年12月8日20時01分 読売新聞)

今でもアレルギー症状のご相談が多いのに、
10倍なんてとんでもなく気が重くなるお話。

でも憂いてばかりいても変わりません。
花粉症の鼻水は腸管の水滞。
春までに、水の代謝をよくしてあげることが大切です。

腎を傷めて身体に水を貯めやすい体質を作る甘いものを控える。
水分補給を三養茶に。
腸を温めて辛味で水を発散させてくれるプロポリスを毎日、1スポイト♪
今からの準備として最適です♪

これは花粉対策だけでなく
疲れの解消になり
お肌も綺麗になって、
インフルエンザの予防にも◎
私も、毎日続けます☆

今日も最後まで読んでくださってありがとうございました。

日記 | trackback(0) | comment(0) |

2010/12/08


早食い&大食い予防

 メタボリック症候群の予防や改善に向け、体重管理に注意を払っている成人は、
男性67.8%、女性75.6%に上ることが7日、厚生労働省の公表した
「2009年国民健康・栄養調査」で分かった。
肥満体形に該当する人は、痩せ形より速く食べる割合が高い傾向も判明した。

調査は昨年11月、全国の3785世帯を対象に実施。
このうちメタボ症候群関連は調査に応じた約8000人分の回答を分析した。

その結果、体重管理を実践しようと心掛けている割合は、
成人男性が67.8%で、前回調査(2004年)より7%増加。
女性も前回の69.8%から75.6%に増え、男女とも意識の高まりがみられた。

 もっとも、男性75.0%、女性78.2%が適切な食事の内容や
量を把握していながら、食事や運動の対策を実践しているのは、
それぞれ27.5%、24.2%にとどまった。

 肥満男性のうち、42.6%が「対策をするつもりがあり、頑張ればできる」
とした一方、肥満女性では「対策をするつもりはあるが、自信がない」
(44.1%)の割合が最も高かった。

 体形別に食べる速さを調べたところ、速いと答えた男性はやせ形では
35.0%だったが、肥満の場合は63.9%を占めた。女性も痩せ形の28.5%を
肥満の46.5%が大きく上回り、厚労省の担当者は「早食いは満腹感を得るのに
時間を要すため、大食いになりやすい」と指摘している。 
(時事通信)

過食&早食い防止に、ダイエット中の方におすすめしているのは
小腹が空いたとき、ご飯前、おやつのかわりの胡麻ハニーです。

美味しい胡麻ハニーをスプーンで一匙食べるだけで
余分なものを食べることも防げますし
食べ過ぎることもなくなります。
すぐに吸収されて元気がでるので身体もらくちん☆
お肌のための栄養もたっぷりでとってもつややかになります♪
三養茶と一緒であればさらに美肌に・・・。
私も毎日食べて頑張ってます♪

今日も最後まで読んでくださってありがとうございました。

日記 | trackback(0) | comment(0) |

2010/12/07


インフルエンザ

WHO(世界保健機関)の予想では、今シーズン流行するインフルエンザウイルスは
新型(1種類)と季節性(2種類)の合計3種類。
これを受け国内では、新型のみに効く1価ワクチンと
3種類すべてに対応する3価ワクチンが用意されている。

昨シーズンの記憶が新しいため、どうしても新型に目が行きがちだが
今シーズンは季節性も侮れない。
昨シーズン鳴りを潜めていたぶん、季節性に対する抵抗力が落ちている可能性があるからだ。
したがって、せっかくワクチンを打つなら3価ワクチンがお勧め。
ワクチンの効果が出るまで2~3週間のタイムラグがあるので、
流行が始まる12月までには接種をすませておきたい。

ワクチン以外の予防法といえば、昔ながらのマスク装着と手洗いの徹底、そして加湿が3原則である。
それぞれインフルエンザウイルスの感染経路を障害するという意味がある。

 つまり、くしゃみや咳のしぶきによる飛沫感染はマスクが有効であり、
手指へのウイルス汚染による接触感染は手洗いの徹底が効果を発揮する。
そして、適度な加湿は空気(飛沫核)感染を防止するほか、
喉や気管支粘膜を乾燥から保護する意味でも大切だ。
余談だがこの時期、海外出張などで空調の悪い飛行機内に
長時間閉じ込められる人はマスクを必携しよう。
水分をこまめに取り、喉を潤すことも忘れずに。

ただ、これだけ予防してもかかるときはかかる。
インフルエンザの症状は、急な発症、悪寒を伴う38℃以上の高熱、
全身の筋肉痛や倦怠感などが特徴で、一般的な風邪症候群とは区別しやすい。
万が一、感染した場合は水分をたっぷり取って、ひたすら安静にすること。
通常、基礎体力があれば十分な安静で確実に治癒できる。
とはいえ、4、5日を過ぎて症状が落ち着かないようなら肺炎や気管支炎など
二次感染を起こしている可能性が高くなる。その場合は速やかに病院を受診しよう。

(ダイヤモンド・オンライン)

今年の暑くて長かった夏に
冷たい飲み物を沢山摂って
胃腸の中に水の停滞が多くなっている方が多いので
今年は要注意だと感じています。

こまめに水分をとる事は予防にはなりませんが
うがい手洗いは丁寧に♪
特にうがいはこまめにしていただくと良いと思います。
塩を入れてうがいが出来ればさらに◎です。
水分補給は水はけをよくしてくれる三養茶で♪
腸を温めて水を発散してくれる辛味の力で予防につながる
プロポリスを今年は頼りにしています☆
げんきになって 身体も温まるので
冷え性の方に特におすすめです。

今日も最後まで読んでくださってありがとうございました。

健康 | trackback(0) | comment(0) |

2010/12/06


嵐です。

ノロウイルスが、流行の兆しを見せている。
国立感染症研究所によると、今年の1診療機関あたりの患者数は、
11月中旬ごろの時点で例年を上回っており、
ここ10年で最も多かった06年に次ぐ勢いとなっている。
ノロウイルスは、感染性胃腸炎の原因となり、
おう吐や下痢、腹痛などが症状として現れる。
ノロウイルスはほとんどが口から感染することから、食器などの消毒のほか、
手洗いやうがいが予防に効果的だという。
また、家族に患者が出た場合は便に気をつけ、
乳児のおむつを替える時は使い捨て手袋を使い、
使用済みのおむつはビニール袋に入れて密封することが必要だという。
例年、感染者が最も多くなるのは12月で、これから特に注意が必要となっている。
(日テレニュース24より)

お昼過ぎに急に大雨が降って、
昨日とちがって、冬の寒さの宝塚です。
さっきスタッドレスタイヤをつけた車が走っていました。
どこか山のほうでは雪でしょうか・・・。

急激な冷え込みなのでお風邪に十分ご注意下さい。

ノロ対策は食べ過ぎ飲み過ぎで胃内停水を増やさないことが一番。
年末まで続く飲み会シーズン、暴飲暴食には十分ご注意下さい。

そして水分補給は三養茶で。
水はけをハトムギの力が良くします。
さらにプロポリス十年熟成1スポイトで
お腹を温めていれば安心です。

毎年腸炎にかかっていたほどの私もこれで乗り切るつもりです♪

今日も最後までよんでくださってありがとうございました☆

日記 | trackback(0) | comment(0) |

2010/12/03


| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。