プロフィール

漢方薬局嬉氣 KIKI

Author:漢方薬局嬉氣 KIKI
宝塚市の漢方薬局嬉氣 KIKIのブログです。
阪急今津線宝塚南口から徒歩7分
手塚治虫記念館ななめ向かいにあります。
☆食べ物を扱うネットショプKIKI&PASSY「げんきはきれい」オープン!
KIKI&PASSY
「げんきはきれい」をコンセプトとした、女性が健康に美しくなるための漢方薬の薬局です。
ご予約優先で対応致します。
じっくりと漢方相談を行い、お体にあった漢方薬をお選びします。
漢方薬だけではなく 食養生についてもじっくりご説明させていただきます。

定休日 水&木
営業時間12時〜19時

漢方薬局嬉氣KIKI 所在地 
〒665-0844
宝塚市武庫川町3-11
阪急宝塚南口駅より徒歩7分
手塚記念治虫館ななめ向かい
Tel0797-87-1102
fax0797-87-1102
e-mail info@kanpo-kiki.jp

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

--/--/--


漢方薬は体の歪みを正常化する

宝塚の漢方薬局KIKIです。
久々のブログです。

年内の大劇場の公演も終わりすこし寂しい宝塚ですが
明日はスターズでにぎやかになりそうで嬉しいです。

最近、東洋医学を全く初めて知る方に
説明する機会があって
すこしでもわかりやすく伝えたいので
毎日勉強しています。

日々の業務に追われて
なかなか開けなかった本や資料などを読み
今年の不勉強に反省。
少ししか時間がなくても出来ることからこつこつと・・・。
お血のおそうじと一緒で継続が大切。
2013年は勉強の時間を毎日少しでも作ろうと
固く決意しました。

『漢方薬は体の歪みを正常化する』

これって当たり前になってしまい
わざわざ伝えることでは無くなっていましたが、
初めての方には、東洋医学を知る上で、
とっても伝わりやすい一言だったみたいで・・・・驚き。

この言葉、もっとお客様にも伝えてみようと思います。

正常化ということは皮膚粘膜の賦活や不調を整えることです。
だから医者に引導を渡されてからでは遅く
むしろ病状の初期段階がいちばんよく効き、
正常化がスムーズに行くわけです。
(漢方が救う人体危機 渡邉武著)

最後まで読んで下さってありがとうございました。

スポンサーサイト

漢方 | trackback(0) | comment(0) |

2012/12/20


瓊玉膏

瓊玉膏は、文献によると中国、宋の時代、
約1000年前頃に初めて考案された事になっている。
正式に医学、薬学書に著されたのは1600年前後の頃で、
有名なものに、本草綱目(1578年)・東医寳鑑(1613年)・壽世保元(1615年)・・・・ほか
多数に記載され、いずれの書にも最高の敬意と最高至高の薬剤として表現されている。
東医寳鑑では巻一の内景篇の『養生延年薬餌』の一番最初に掲載され
槙精補髄、調真、養生、若返りなどの膏薬として
百損を補い、百病を除去する。
五臟が充ちあふれ、白髪が黒くなり、
歯が再びはえそれって奔馬のようにかけめぐり、
1日2~3回服用すると1日中空腹を感ぜず、その他効用多し。
一料の5分の1を服用すると痰疾が治り、
10分の1を服用すると疲労が治る
27年服用すると360歳まで、
64年間服用すると500歳まで生きられると記述されている。
(鬼平と瓊玉膏より)

33歳なので64年間服用できるかはかなり微妙ですが
500歳まで寿命が伸びると記述される程に
体を補い元気を付けてくれる貴重なお薬だったことがわかります。

疲れを癒してくれるお薬。
とってもありがたいです。
moblog_78b7ccff.jpg
瓊玉膏¥6300
スプーンつきでぱくっと簡単に食べられる漢方薬。
お水やお茶を用意しなくてもいいので服用するのも簡単です。
帰宅してすぐに、オットは毎日食べているようです。

疲れ改善に他の薬も用意していても、
ついつい忘れて飲まないのに・・・
これだけは飲めているのが不思議です。

今日も最後まで読んで下さってありがとうございます♪

漢方 | trackback(0) | comment(0) |

2010/05/16


瓊玉膏

今日は冷えますね・・・。
風が強いのか、外は冷えています。
お客様も今日は冷える~と上着を脱がれない方ばかり。
5月の半ばというのにKIKIは暖房中です。
冷えると体調が悪くなるので・・・。

なんか元気なる♪と
KIKIで小さなブームを巻き起こしている瓊玉膏。

自宅の分が無くなって・・・
そのまま補充せず放置していたら
オットより持ち帰り要請がありました。

「とっても美味しい」&「じわっと元気になる」そうです。
今日は帰りに忘れないようにちゃんと用意しておきます。

疲れているひとほど
「なめればわかる」ようです。

moblog_78b7ccff.jpg
瓊玉膏\6300
真っ黒のなめ薬。
始皇帝と徐福の伝説にあるように、
不老長寿の薬を追い求めて来た歴代の中国皇帝に
臓器の調和を保つことよって長生きをする薬として愛用されたほか、
韓国李王朝の王室、我が国では徳川将軍家が珍重したと言われているそうです。

本日も最後までおつきあいくださってありがとうございます。
明日はフェイスケアも加わった、
山根仁九朗「骨盤クリーニング」もございます。
皆様のご来店を心よりお待ちしております。

漢方 | trackback(0) | comment(0) |

2010/05/14


お水取り

20100313k0000m010077000p_size5.jpg

東大寺二月堂の修二会(しゅにえ)(お水取り)で12~14日の深夜、
巨大なたいまつが堂内を駆け回る「達陀(だったん)」の行法があった。

一日の勤行の最終盤。練行衆(れんぎょうしゅう)のうち上位3人を除く8人が、
金襴(きんらん)の帽子をかぶって「火天」や「水天」と呼ばれる役にふんする。
内陣正面の戸帳が巻き上げられると、
1人ずつ正面に駆け出しては、礼堂に向け水や火の粉をまいた。

やがて点火された長さ約3メートルの「達陀松明(たいまつ)」を火天が正面に引きずり出し、
水を入れる器を持った水天と向き合って跳びはねながら、たいまつを突き出しては引き戻す動きを繰り返した。
しばらくすると、火天はたいまつを引きずって内陣を一周。
再び正面で踊るような動きを繰り返した。火勢が弱まると、
たいまつは正面に立てられ、礼堂に向けドッと投げ出された。
勇壮な火の行法を見ようと多くの参拝客が詰めかけ、堂内は深夜まで熱気に包まれた。
(毎日.jpより)

いつか機会があれば観てみたいです。
関西ではお水取りまでは寒さは続くといわれるので
これでやっと春の到来でしょうか♪
暖かくなるのは嬉しいです。


ちょうど東大寺のお水取りのころ、
上司海雲元管腸が熱を出したという呼び出しで
東大寺に出かけました。
お水取りの行中は俗人には手を触れられないので
医者に聴診器を当てられたり
注射をしてもらう事が出来ないしきたりなのです。
そのとき、お水取り行法14日間の不時の時に飲む薬袋、
前七日間薬、前七日間滓と書いた薬袋が
二つ吊ってあるのが目にとまりました。
その薬の古記録を探しましたところ
、中国から持ち帰った薬、施薬院から出された薬方。
天皇家から下された処方などの記録がありました。
前半が終わると裏返して、後七日間滓と書かれた方が表に出ますが
薬は入っていません。
その中に唐時代の処方『六神丸』の原形の
『麝香牛黄圓』などの記録が残っていました。
これは大発見というわけで、以来それを復元して
お水取りの行法中の練行僧の救急薬として寄進しました。
六神丸は心臓の薬であり、解毒剤でもあります。
六神丸を飲んでお酒を飲むと、五勺しか飲めない人でも
十倍の五合飲めると言われています。
多分、六神丸でアルコール分が解毒されるからです。
興奮剤であり、逆に鎮静剤にもなる万能薬です。
(渡邉武先生著 漢方が救う人体危機より)


『麝香牛黄圓』のような麝香牛黄製剤は
日常でも使う機会はたくさんあります。
敬震丹、感応丸、清心丸などのお薬です。
目的や体質に合わせて必要なものを使います。 
moblog_90dbe321.jpg

徹夜や大事な仕事など、ここぞという時にがんばりがきく
緊張を解いてリラックス~♪
舞台や講演などでよく声出す事が出来る
くたくたで死にそうな時に疲れをリセット!!など・・・・。
それ以外にも風邪や肩凝り、頭痛の時や
ストレスが多く気分が落込みやすいときなどにも使えます。

上手に使っていただくと
楽しく過ごす時間を作ってくれる漢方です。
私もいつも頼ってます。

今日も最後まで読んで下さってありがとうございます。
3月も残り半分。
春はすぐそこです♪

漢方 | trackback(0) | comment(2) |

2010/03/15


奮い立て!!!

朝が眠くて起きれない・・・
ここ数日続いています。
昨日はついに8時間も寝てしまいました・・・。
それでも眠い・・・・。
寝ても寝ても寝たりない、
なんか元気が出てこないという状態。

うーん、おかしいなとおもいつつ
KIKIにて仕事をしていると、
いつもの場所なのになんだかうっすらと寒く
手足が冷たく感じます。
今すぐにでも眠ってしまいたい.....。

これは体が冷えてしまったことが原因です。

ということで生薬の「附子」が入っている漢方を飲みました。
冷えも気にならなくなってくると
徐々にエンジンがかかり
やる気も十分。
眠気もどっかに飛んでいきました~♪

附子の入った漢方は
体を奮い立たせてくれて元気が出ます。
八味丸、麻黄附子細辛湯、真武湯、桂枝加苓朮附湯・・・・など。
体質、症状に合わせて服用します。
すっかり奮い立ったので
KIKI塾の準備、KIKI通信の準備、もりもりできそうです。

ただ寝ていたい、
元気が出ない・・・・というときに
ご相談ください♪

本日もブログを読んで下さってありがとうございます。
今日の宝塚はとっても暖かいです。
ドアを開けたままでも気持ちのよい感じ。
春ですね~♪

漢方 | trackback(0) | comment(73) |

2010/02/22


| TOP | next >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。